Image94

2019年 F1 修理代をかけたランキングでトップのアルボン、よくがんばっていますがマシンも壊しました。

オーストラリアGP:FP1 ターン1でクラッシュ。

フロントウイング(120,000),リアウイング(90,000)単位:ユーロ。

中国GP:FP3 最終コーナー。

フロントウイング(120,000),バージボード(60,000),モノコック(400,000),フロントサスペンション(70,000),サイドポッド(30,000),リアサスペンション(110,000),リアウイング(90,000),フロア(140,000),ギアボックス(480,000)

カナダGP:決勝のターン1でランス・ストロール(レーシングポイント)とアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)に挟まれてフロントウイングを失った。

フロントウイング(120,000)

ハンガリーGP:FP2開始直後、最終コーナーで芝生に乗ったことでコースオフし、バリアにクラッシュ。

フロントウイング(120,000),バージボード(60,000),リアサスペンション(110,000),リアウイング(90,000),フロア(140,000)

シンガポールGP:アルボンはFP2のターン10でバリアに衝突し、フロントウイングを破損。

フロントウイング(120,000)

ロシアGP:FP2のターン4で膨らんで、フロアにダメージ。Q1のターン13で縁石に乗り上げクラッシュ。

リアウイング(90,000),リアサスペンション(110,000),フロア(140,000),ギアボックス(480,000)

メキシコGP:フリー走行2回目ターン7でクラッシュ。 

フロントウイング(120,000),バージボード(60,000),フロントサスペンション(70,000),サイドポッド(30,000),リアウイング(90,000),フロア(140,000)

アメリカGP:1周目の1コーナーでシャルル・ルクレール(フェラーリ)とカルロス・サインツ(マクラーレン)の間に挟まれるかたちとなったアルボンは、軽い接触によるマシンのダメージ修復。今回フロア修復となっていますが、おそらく前回のクラッシュによるものでしょう。

フロア(140,000)

ブラジルGP:

フロントウイング(120,000),バージボード(60,000),フロントサスペンション(70,000),サイドポッド(30,000),フロア(140,000)

合計:4,360,000ユーロ

なかなか手広くやっているという感じです。1ユーロ120円換算で、436万ユーロ、総額5億2300万円。
2位のガスリーが283万ユーロ、3億4000万円ですからダントツです。

中国GPのクラッシュが効いているようです。
日本円で150万ユーロ、1億8000万円。
このクラッシュだけで、11位セルジ・オペレスの年間金額154万ユーロに匹敵します。

フォーミュラーEの日産で参戦が決まっていたアルボン。急遽、トロロッソに呼び戻され、夏休み後はレッドブルに昇格。
ポイント92Pで8位に終わりましたが、ブラジルGPのハミルトンの追突がなければ2位も可能だったはず。
そうなると110Pで6位。ハミルトンの謝罪もあってけど後の祭り。
狸の皮算用で、平均6位で176P、5位で220P。今季の活躍を大いに期待します。