F1好きのブログ

モータースポーツ好きです。 F1の情報やWEC、インディ、ル・マンなどについてお伝えしたいと思います。

2019年05月

Image2116

auto sport 2019.05.31

フェラーリCEO、ルクレールの予選Q1落ちを公に謝罪「チームのミスだった。二度と繰り返さないことが肝心」

先週末のF1第6戦モナコGPにおいて、フェラーリのシャルル・ルクレールが予選Q1で敗退したことについて、フェラーリのCEOを務めるルイス・カミッレーリ氏は、これはチームのミスであったとルクレールに対して公に謝罪した。

母国グランプリを迎えたルクレールが優勝を挙げるか、あるいは表彰台を獲得するかという希望は、予選におけるフェラーリのミスによって打ち砕かれた。

予選Q1の終盤、多くのドライバーがタイムを更新するなかでフェラーリは計算を誤り、ルクレールはQ2に進むことができなかった。

この結果に腹を立てていたルクレールは、予選後に「この結果は受け入れがたい。説明が必要だ」と話していた。

ルクレールは決勝レースを15番手からスタートしたものの、最終的にはターン18(ラスカス)でのニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)との接触によるダメージが原因で、リタイアとなった。

今回の件についてカミッレーリ氏は、ルクレールに対して公に謝罪した。

「我々は心から彼に謝罪する」

「肝心なのは、このようなインシデントを二度と起こさないということだ」

「これはチーム側のミスであり、我々はそれを理解した。今は起きたことを忘れ、メルセデスとのギャップを縮めるためにできることすべてをやらなければならない」

以上引用

フェラーリCEO、ルクレールの予選Q1落ちを公に謝罪「チームのミスだった。二度と繰り返さないことが肝心」

フェラーリは、5/26に予定外の記者会見を開催。チーム代表のマッティア・ビノットがシャルル・ルクレールの衝撃的なQ1敗退を招いた失態について説明したが、結局はカットオフタイムの計算ミスという単純なものだった。

「我々にとって良い一日ではなかったのは確かだ。今日起こったことは我々の判断ミスによるものだ。それ以上のことはない」とマッティア・ビノットはコメント。

フェラーリはいいチームですね。好きになりました。

フェラーリのCEOがでてきてルクレールに謝罪です。

よほどの事でしょう。

組織なんですから、CEOの下にも各部門の責任者がいるでしょうが、CEOが謝罪。いいチームだと思います。

裏返せば、ルクレールがチームにとりどれだけ大事で、どれだけルクレールが怒っているのかということでしょう。

ガスリーもオーストラリアGPで同じくチームの読み間違いでQ1敗退。マルコが謝っています。

それでさほど大きな事件にはなりませんでした。

やはり待遇が違うようです。

同じ移籍組の二人ですが、プレシーズンテストでマシンを壊したガスリー、プレシーズンテストでいいタイムを出したルクレール、ポイント57点ルクレール、32点ガスリーという事もあると思います。

このことが、ルクレールの移籍問題に発展しているという情報もありますが、それをうかがわせるフェラーリCEOの対応でした。

Image3130


espnf1.com 2019年5月31日

ハミルトンの戦略についてメルセデスが説明

モナコGPで見事な勝利を挙げながらも、ルイス・ハミルトンが恨み節だったピットウオールの戦略的判断について、メルセデスがそこに至るまでの思考プロセスを説明した。

彼のマシンには耐久性の高いハードタイヤではなく、ミディアムタイヤが装着されており、それでレースを最後まで走り切らねばならなかった。

ハミルトンはタイヤが最後まで持たないのではないかと懸念していた。さらに状況を悪くしたのは、彼のすぐ後ろにいた3台、マックス・フェルスタッペン、セバスチャン・ベッテルとバルテリ・ボッタスが全員ハードタイヤを履いていたことだった。それでもフェルスタッペンの厳しい攻撃に最後まで耐え抜き、彼は自身の記憶に残る勝利を獲得した。

チェッカー後、メルセデスのチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズは無線をつなぎ、このタイヤでマシンをフィニッシュまで導けるドライバーは他にはいないとハミルトンをたたえた。

ボウルズはなぜこうした判断に至ったのかをは説明しており、メルセデスが週末中のプラクティスセッションで収集したデータに基づいた判断だったことを明らかにした。

「モナコでオーバーテイクをすることはない。それが現実だ」とボウルズは述べた。

「木曜日のデータに基づいてミディアムタイヤなら仕事をしてくれると確信していた」

雨の恐れがあったことも問題を複雑にした。「やや柔らかいコンパウンドであるミディアムは、こうしたコンディションでの適用範囲が少しばかり広いはずであり、そのためにわれわれはミディアムが良いと見誤ってしまった」

彼らはボッタスに対しても同じ過ちを犯したものの、彼はピットストップ直後にフェルスタッペンと接触したため、それを取り消すことができた。接触でウオールに追いやられてしまったボッタスはタイヤを傷め、1周後に傷めたミディアムからハードタイヤに交換している。

またバウルズはハミルトンのストップ中に起きたミスにより、ボッタスを送り出すのが遅れてしまったと述べている。

以上引用

大きな問題提議を含む記事のように見えます。解説者はその意思はないようですが・・・・。

モナコGPの顛末をメルセデスのチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズが述べています。

ルイス・ハミルトンが恨み節だったピットウオールの戦略的判断について、”彼のマシンには耐久性の高いハードタイヤではなく、ミディアムタイヤが装着されており、それでレースを最後まで走り切らねばならなかった。”

雨も予想される中、ミディアムにした。それは過ちだったと認めています。

何故交換しなかったのか?→あの時点で交換すればハミルトンは、4位になるから。

ボッタスは、フェルスタッペンとの接触でパンクしたので換えざるを得なかった。→フェルスタッペンが結果的に助けてしまった。

タイヤはプラクティスでもつことは判っていたから走らせた。→モナコGPは抜けないから。

ボッタスのピット作業が遅れた原因。→ハミルトンのピット作業中のミスによるもの。

実に興味深いです。

ハミルトンのミディアムタイヤの選択は誤りであったが耐久性はあるので、走らせた。

ハミルトンは、スピードが出ない傷んだタイヤで走りきった。ここでは抜けないのだから。

これが真実。言っちゃいました。

自分たちのミスも、コースの特性も・・・・。

正直歴史のあるレースですが、歴史の中で行う価値があるのかを問いかけているように思います。

モナコは抜けないのが事実だと・・・。

ファンがこの記事をスルーするのか?しないのかはわかりませんが、私はモナコGPの意義は低下していると思います。

Image3129

F1-Gate.com 2019年5月30日 

メルセデス、F1カナダGPでエンジンアップグレードを投入へ

ルイス・ハミルトンは、次戦F1カナダGPでメルセデスが最初のF1エンジンアップグレードを投入する予定であることを明らかにした。

メルセデスは、連続1-2フィニッシュこそ5戦で途絶えたものの、ここまでの6戦すべてで優勝し、かつダブル表彰台を獲得している。先週末のF1モナコGPでは、ルイス・ハミルトンがレースの大部分でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)からプレッシャーを受けながらも勝利を飾った。 

「特にタイヤをより良く理解して、プロセスという点でも優れた成果を出すために多くの分析が行われていくことになる」とルイス・ハミルトンはコメント。

メルセデスは今シーズンまだ最初のエンジンアップッグレードを導入していない唯一のエンジンメーカーだが、それは他メーカーが導入を前倒したからであり、メルセデスにとっては通常のスケジュールとなる。

以上引用

メルセデスAMGもエンジンアップグレードですね。

当初の予定通りカナダGP。

しかもタイヤを理解するというコメントもあります。

最近、熱が入らないというメルセデスAMG以外のコメントに対して、メルセデスAMGも熱入れに苦労しているというコメントも出していますね。

どこまで本当で、程度問題もあろうかと思いますが・・・・。

エンジンのグレードアップは気になります。

今でもどこのチームも歯が立たず、かろうじてモナコGPでレッドブルホンダのフェルスタッペンが追い回したぐらいですから。

どのような走りになるのでしょうか?

今季後半F1の状況も占うことになると思われるメルセデスAMGのグレードアップです。

Image3123

Image4116

F1-Gate.com 2019年5月30日

レッドブル、ガスリーに代えてヒュルケンベルグの起用を検討?

レッドブル・レーシングは、ピエール・ガスリーに代えてニコ・ヒュルケンベルグを起用することを検討しており、すでにF1モナコGPの週末に最初の話し合いが行われたと報じられている。

ダニエル・リカルドのルノー移籍によって、クリスチャン・ホーナー曰く“早すぎる”レッドブル昇格となったピエール・ガスリーは、プレシーズンテストでクラッシュを喫して評価を下げた。 

シーズンが開幕してもチームメイトのマックス・フェルスタッペンより常に0.6秒ほど遅く、モナコGPでは5位入賞を果たしたものの、2度の表彰台と4回の4位入賞を果たしているフェルスタッペンと比較すれば、コンストラクターズ選手権争いに貢献できていない。

イタリアの報道によると、レッドブルのモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコのピエール・ガスリーへの忍耐は尽きかけており、他のオプションを評価しているという。

以上引用

いやいや正直言葉を失いそうです。

素人目にはガスリーは当初と違って持ち直したように見えます。

モナコでも5位+ファーステストラップもとって調子ををあげているように見えます。

うわさですが、火のないところに煙も・・・・・

現実になればレッドブルの非情さをみるような気もします。

Image3129

モナコGP終わりました。
ハミルトン(メルセデスAMG)のポールトゥウィン、フェルスタッペン4位でした。
でも決勝を見れば、13周目から最後迄ハミルトンを追うフェルスタッペンという形が続きます。
結局フェルスタッペンはハミルトンを抜けせんでしたが、終始あおるような展開でした。
この後の二人のコメントです。

F1-Gate.com 2019年5月27日
ルイス・ハミルトン、フェルスタッペンとのバトルは「最大の挑戦だった」
ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンからのプレッシャーに耐え続けて勝利を掴み取った今年のF1モナコGPはこれまでのキャリアのなかで“最大の挑戦だった”と振り返る。
ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンよりも耐久性の低いミディアムタイヤで66周にわたってプレッシャーを感じながらフィニッシュ。今季4勝目、そして、3度目のモナコGPを制した。 
ピレリはミディアムタイヤの推奨ラップを50周としていたが、メルセデスはルイス・ハミルトンに“セーブしろ”と伝え続けた。

F1-Gate.com 2019年5月29日
マックス・フェルスタッペン 「メルセデスにはまだ匹敵できていない」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1モナコGPでメルセデスのルイス・ハミルトンを追い詰めたが、パフォーマンス的にはまだ匹敵できていないと認める。
F1モナコGPではレースの大部分でルイス・ハミルトンにプレッシャーをかけ続けたマックス・フェルスタッペンは、残り2周でシケインでブレーキングをおくらせてハミルトンのインに飛び込んだ。 
その結果、マックス・フェルスタッペンの右フロントホイールとルイス・ハミルトンの左リアホイールが接触。両方のマシンにダメージはなかったが、ハミルトンはシケインをカットせざるを得なかった。

決勝レースを見ればフェルスタッペンの”「メルセデスにはまだ匹敵できていない」”という言葉は、謙遜しすぎという感じです。
ただ、予選で1番手ハミルトン1分10秒166、ハミルトン1分10秒641と0.5秒差があったのも事実です。
この差がなくなればフェルスタッペンも匹敵できていないとは言わないでしょうね。

考えてみれば、昨年今年よりも非力なルノーPUでリカルドは優勝しました。
昨年のレース結果を見れば、リカルドはFP1から決勝まで一度もトップを譲ることなく優勝しています。
Image4119

2018年
第1戦 4位 6位
第2戦 両方リタイヤ
第3戦 1位 5位
第4戦 両方リタイヤ
第5戦 5位 3位
合計  104位

2019年
第1戦 3位 11位
第2戦 4位 8位
第3戦 4位 6位
第4戦 4位 リタイヤ
第5戦 3位 6位
合計  69位

”レッドブルは歴史的にーナリングに強いダウンフォースマシンを特徴としてきたレッドブルだが、今シーズンはここまでRB15はコーナーでのバランスに苦しんでいる。”
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、昨年までは非力なルノーのF1エンジンのためにダウンフォースを減らしてトップスピードを高めるマシン設計を強いられてきたことが、今シーズン序盤の空力問題に影響を及ぼしていると語る。

去年と今年を考えると、総合的には今年が良い成績です。
ただ、昨年は1位がありましたが、今年はありません。
去年の非力なマシンで優勝できたのは、空力の優れたマシンのおかげでしょう。
今年は、その空力の良い面が活きてません。
パワーアップも必要でしょうが、空力の進化が望まれる現段階というのが私の気持ちです。

↑このページのトップヘ