F1好きのブログ

モータースポーツ好きです。 F1の情報やWEC、インディ、ル・マンなどについてお伝えしたいと思います。

Image94

2019年のF1、あとからわかったことを含めて改めてみてみましょう。
既にきまった結果ですが、違った見えかたや謎も消えるかもしれません。
今回は、レッドブルホンダが今季2回目の優勝を飾った第11戦ドイツGPを見てみましょう。

今までの状況
第11戦まで、ポールポジションをメルセデスAMG以外が取ったのは、第2戦バーレーンGP、ルクレール(フェラーリ)、第7戦カナダGP、ベッテル(フェラーリ)、第9戦ルクレール(フェラーリ)でした。
それ以外は、メルセデスAMG勢のポールとメルセデスAMG勢の9戦優勝、2位7回、3位2回となっています。
フェラーリ2位3回、3位6回、レッドブルホンダ優勝1回、3位2回となっています。

2019年 第11戦ドイツGP 

予選
1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:11.767
2 M.フェルスタッペン レッドブル 1:12.113
3 V.ボッタス メルセデスAMG 1:12.129
4 P.ガスリー レッドブル 1:12.522
5 K.ライコネン アルファロメオ・レーシング 1:12.538

予選3強の力関係(上記のタイムから)
メルセデスAMG 1000
レッドブルホンダ 995
フェラーリ -

予選の状況
ホームレースのメルセデスAMG、予選1回目はルクレール(フェラーリ)に1番手を採られましたが、予選2回目、3回目はハミルトン(メルセデスAMG)が1番手。
予選3回目のハミルトンとフェルスタッペンの差も0.346秒と少し開いています。
フェラーリは、絶不調の予選です。マシントラブルでベッテルは、予選1回目でタイムを刻めず、ルクレールは予選3回目進出ですが、3回目のタイムは刻めませんでした。

決勝
1 M.フェルスタッペン レッドブル 1:44:31.275
2 S.ベッテル フェラーリ +7.333
3 D.クビアト トロロッソ +8.305
4 L.ストロール レーシングポイント +8.966
5 C.サインツ マクラーレン +9.583

決勝3強の力関係(上記のタイムから)
レッドブルホンダ 1000
フェラーリ 999
メルセデスAMG -

決勝の状況
今回は雨の為にセーフティ先導で決勝が始まりました。
フェルスタッペンはスタートで4番手に順位を落としますが、すぐに3番手に順位を上げます。
31周目にトップにたちます。ピットに5回はいるというあわただしいレースを制しました。
2位にはベッテル(フェラーリ)、3位クビアト(トロロッソ・ホンダ)というホンダのPUがダブル表彰台。
ハミルトンは予選1番手でスタートしましたが、タイヤ交換で順位を落とす中、53周目のコースオフでマシンを傷めたようで11位でチェッカーフラグ(順位繰上げで10位)。
3番手で出たボッタスは56周目にクラッシュでリタイヤ。
20番手でスタートしたベッテルが2位という波乱のレースでした。
メルセデスAMGのホームレース、ハミルトンの10位、ボッタスのリタイヤ、散々のレースであり、雨のレースでは強いレッドブル、フェルスタッペンを見せたレースでした。

検証(イギリスGP~ドイツGP)
レッドブル・ホンダは、前戦イギリスGPベッテルのフェルスタッペンへの追突の話題がが多くなっています。
また、不振だったガスリーが4位になれた事で復活のきっかけになるのかという話題もありますが、ガスリーがチームオーダーを無視した記事もあります。再三の支持を無視し最後はクリスチャン・ホナーが指示し従ったという記事があります。これも、トロロッソ降格の布石だったのかも知れません。
そんな中、イギリスGPフェルスタッペンのターボラグについて根本的な問題ではないものの重要な問題と田辺氏がコメント。
イギリスGPでピットストップ1.91秒の最速を記録した記事も。
総合的には、フェラーリと戦えたというのが大きなニュースのように思います。
番外編の少し驚きの記事は、エイドリアン・ニューウェイがオーストリアGPでアロンソが交渉を行いレッドブルに加入寸前であった事やアロンソとベッテルが組んでいたら”セナとプロストのようになっていた”と語っている事です。

メルセデスAMGは、イギリスGPの少しオカルト的な記事があります。
それは、ハミルトンの最速ラップの件。32周のオールドタイヤでファステストラップを記録した事。なんででしょうね。
また、ドイツGPがモータースポーツ125周年ということでW10が特別のカラーリングになることがアナウンスされています。

フェラーリのチーム代表マッティア・ビノットは、イギリスGPでのレッドブルとの接戦を終えて、レッドブルと拮抗しているし、セカンドの座を奪われかねないとコメント。
イギリスGPでフェルスタッペンに追突したベッテルには、引退をにおわすようなニュースが続いています。
ルクレールは、レースペースではレッドブルが勝っているとコメント。

前回のイギリスGPでのベッテルの追突は、今回のドイツGPでも予選でマシントラブル、グリッド20番手という状況はベッテルの絶不調は継続しているのかもと思われました。
逆に、前回優勝のメルセデスAMG勢は、この勢いを駆ってこのドイツGPの優勝を狙っています。
結果は、誰が予想できたのでしょうか?
優勢と思われたメルセデスAMG勢は表彰台に姿はなく、ホンダ勢がダブル優勝、それも一番高いところにフェルスタッペン、3位にクビアト。
2位に前回追突で20番手からスタートの調子がいまひとつのフェラーリのベッテル。
衝撃の結果でした。



















Image94

ごく最近の記事で、ルクレール(フェラーリ)がフェラーリに無断でドバイでスカイダイビングを行いチームに怒られたニュースがありました。
ルクレールは、今回のフェラーリのとの2024年までの契約を行ったとされていますので、その中に行動のところでスカイダイビング等の危険を伴うスポーツについてはフェラーリの許可を得ることになっているのかも知れません。
その記事の中にハミルトン(メルセデスAMG)が行ったMotoGPバイクによるテストは許可されないだろうと考えているという内容があります。
つまりルクレールも同様のテストを行いたいということでしょう。
”オートーバイ全般が好きなので、試してみたいと思っている。でも、フェラーリが同じように感じてくれるかどうかはわからない。まずは許可を得る必要があるけど、それが得られるかどうかはわからない”と語っています。

同じくルクレールの記事でルクレールがバイクに熱心であり、カスタマイズされたバイクを購入したという記事も亜r地ます。
このバイクはカーボン製のボディワークとホイールを備えた未来的なルックスが特徴的であり、最高馬力は約85馬力とされる。

ハミルトンは昨年の記事2019年2月の記事でプレシーズンテストを利用してスカイダイビングのライセンスを取得したことが報道されていました。
このことにコメントを求められたフェルスタッペンは、”スカイダイビングをしている余裕はない”とコメント。

少し前には、シューマッハもスカイダイビングを行っていますので、ある意味F1ドライバーにスカイダイビングはある程度認知されたというか普通の遊びなのかも知れません。

ハミルトンの事に戻りますが、昨年の12月(2019年12月)ハミルトンは、バレンシアのリカルドトルモ・サーキットでヤマハのYZR-M1 MotoGPバイクをドライビングしています。
同時に、バレンティーノ・ロッシはメルセデスの2017仕様W08をドライビング。
ロッシは、イタリア出身のロードレーサー。参戦以来15年間で9回のワールドチャンピオンを獲得、史上最強のらーだーとの呼び声も高い。

また、ルクレールはF1に集中するために恋人と別れを告げたという記事があります。
2015年から同じ年のイタリア人モデル、ジャーダ・ジャンニと交際してきた。しかし、ジャーダ・ジャンニはルクレールから別れを告げられたことを明らかにした。

一方のハミルトンも、何人かの熱愛報道がありますが、結局結婚はしていません。
結婚願望はないようです。

上記の内容を見ても、ハミルトンとルクレールの共通点は結構あります。
今後ハミルトンがF1を含めどのように生きていくのか?気になるところです。
また、ルクレールはハミルトンの生き方を追っているように見えますが・・・。
これからF1をしょって立つと目されるルクレール、その生き方に注目が集まります。

参考:F1-Gate.com

レースが終わりほっとした瞬間に人の気持ちは表れているもの。
決勝後の表彰台で見せたドライバーの表情に何が表れているのか見てみたいと思い作って見ました。
Image60

F1 第1戦 オーストラリアGP 予選Q3
1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1分20秒486
2 V.ボッタス メルセデスAMG 1分20秒598
3 S.ベッテル フェラーリ 1分21秒190
4 M.フェルスタッペン レッドブル 1分21秒320
5 C.ルクレール フェラーリ 1分21秒442

決勝
1 V.ボッタス メルセデスAMG 1時間25分27秒325
2 L.ハミルトン メルセデスAMG +20秒886
3 M.フェルスタッペン レッドブル +22秒520

ボッタスの優勝できた喜び、ハミルトンのフロアー損傷によるダメージで優勝できなかった悲しみ、フェルスタッペンの表彰台にあがれた喜びとまだメルセデスに追いつけていない現実のもどかしさのようなものが現れているようにも見えます。
Image61

F1 第2戦 バーレーンGP 予選Q3
1 C.ルクレール フェラーリ 1分27秒866
2 S.ベッテル フェラーリ 1分28秒160
3 L.ハミルトン メルセデスAMG 1分28秒190
4 V.ボッタス メルセデスAMG 1分28秒256
5 M.フェルスタッペン レッドブル 1分28秒752

決勝
1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1時間34分21秒295
2 V.ボッタス メルセデスAMG +2秒980
3 C.ルクレール フェラーリ +6秒131

優勝コメントでルクレールを擁護しつつも優勝できたうれしさ、安堵感が出ているハミルトン、予選4番手から2位のボッツそのことを喜びながらも連覇できなかった事をくやしがるようなボッタス、ほとんど初優勝を手にしながらルクレールの落胆が出ているような1枚だと思います。
Image62

F1 第3戦 中国GP 予選Q3
1 V.ボッタス メルセデスAMG 1分31秒547
2 L.ハミルトン メルセデスAMG 1分31秒570
3 S.ベッテル フェラーリ 1分31秒848
4 C.ルクレール フェラーリ 1分31秒865
5 M.フェルスタッペン レッドブル 1分32秒089

決勝
1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:32:06.350
2 V.ボッタス メルセデスAMG +6.552
3 S.ベッテル フェラーリ +13.744

優勝コメントで今季も優勝を狙うハミルトンは、スタートでボッタスを押さえ優勝できたことを率直にコメントしています。対して、ボッタスは、スタート時のホイールスピンの挙動が今回の2位になったすべてとコメント、悔しさを語っています。
ベッテルは、前回同僚ルクレールに表彰台を先に越され今回の登壇を喜んでいるのかと思いきや、メルセデスAMGに負けた事やルクレールがフェルスタッペンに負けた事を述べるベッテルでした。

引用:ESPN F1
   auto sport

↑このページのトップヘ